« キーボードの掃除方法 | トップページ | 電子回路の故個所特定方法と修理方法 <液晶モニタ> »

2012年3月17日 (土)

室外温度計作成 <100均温度計改造>

今住んでいるアパートの壁は薄く断熱効果がありません。
その結果エアコンの使用率がとても高いです。
エアコンを使うと外の温度が分かりません。そこで室外温度計を作成しました。

主な部品は、100円ショップで買った「デジタル温度計(Happy Station)」と温度センサ延長コードとして用いる「イヤホン延長ケーブル」です。

延長ケーブルは壁の色と同じ「白色」だからから購入したのですが、壁に這わすとクニャクニャで見栄えが悪いので、ホームセンターで見つけた白いガラスチューブ(電気部品)の中に通すようにしました。この延長コードの中の導線はえらく細いです。抵抗値は測っていません。ただ温度はそれなりの値が表示されるのでとりあえずOKとしました。
「室内に設置した温度計本体」と「室外のセンサー」を繋ぐコードはエアコン配管貫通穴の中を通しました。

室外センサーは外気音が正確に測れることを期待して、日が直接当たらない天井の影となる高い所に壁から離して設置しました。またセンサは光を反射するアルミホイルの中に入れました。湿気対策のシールドはテープで行いましたが、本当はエキシポ樹脂性接着剤の方が良いようです。(センサーは密封せず風通しを良くした方が多分良いです)

温度表示の「℃」がうっとおしいので非表示にしました。電源のマイナスを液晶配線の1本1本に接触させることにより、どの配線が「℃」を表示しているか特定し、その配線を切断しました。電気回路は変更があるようなので、配線を切断するときは自分で再確認した方が良いです。

3ヶ月使用していますが今のところ問題ありません

Photo_2

■Ref.
 ・
ラジオペンチさんブログ > キャンドゥのデジタル温度計の改造(仕様変更
                  
100円ショップのデジタル温度計を電圧計に改造(高性能編)
 ・気の迷い > 100円ショップデジタル温度計のデジタル電圧計化、考察
 ・本ブログ > DIY:アクリル加工用工具一式
 ・秋月電子通商 > 小型温度計モジュール(±50℃)DTM0503(600円) 
              正確な温度を測定したいなら多分この商品の方が良いです。

« キーボードの掃除方法 | トップページ | 電子回路の故個所特定方法と修理方法 <液晶モニタ> »

電子工作」カテゴリの記事