« ADコンバータの定電流源を使用してみました | トップページ | Python : 整数最大値、辞書項目数の最大値 »

2011年9月19日 (月)

小さい体重計を購入しました

ショッピングセンターで体重計見ていて気付いたのですが、体脂肪が測れるものは、どのメーカーの物でも大きくて重いですね。多分、体脂肪を測る為の抵抗測定系に重い部品が必要なのだと思います。

私は「小さく」て「軽い」体重計が欲しかったのですが、探していたら手頃なものがありました。タニタのHD-660という製品です。

最初不安に思ったのは小さいのを買うと、体重を測るとき測定値が見えにくいのではないかということです。 しかし実際に使ってみると問題ありませんでした。

体重計に乗ると自動的にスイッチON。体重測定完了(安定)すると表示が点滅。体重計を降りても20秒間程度点滅表示されているので数値を読むのは問題ありません。しばらく経つと自動でOFFになります。

軽いので足で押すと簡単に移動できます。見た目シンプルで値段も安かったので満足しています。
(体重の記録はPCで行っています。方法は
ここに書きました。)

1_4 2_5 3_3

タニタ HD-660

■ HD-386RD
  HD-386RDはカバンに入れて持ち運べるほど小さいそうです。実際アマゾンのカスタマーレビューでも
 海外に持って行ったとの投稿があります。

タニタ HD-386

■Bluetoothを搭載した体重計
 この体重計は小さくはないのですが、iPad, iPhone に体重測定結果を転送できて便利そうです。
 iPad上でグラフ表示などできるようです。
iHealth Scale

■リンク
 タニタ > 製品紹介 > 健康・美容をサポート > 体重計

« ADコンバータの定電流源を使用してみました | トップページ | Python : 整数最大値、辞書項目数の最大値 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事